薄毛が気になり、育毛剤を試してみたいと思ってる方のために、育毛剤の特徴や選び方、入手方法をご紹介します!育毛と食べ物の関係など、育毛に関するトピックスも併せてご覧ください!

公開履歴
男性の皮膚

薄毛を防止するために、育毛薬や毛生え薬を使うのはいいことです。
ただし、一口に育毛薬や毛生え薬といってもいろいろな商品が出回っているので、その中から本当に効果のあるもの、あるいは自分の体質に合うものを選んで購入しなければなりません。

それでは、数多くある商品の中からいいものを選ぶためのチェックポイントを紹介しましょう。

まず育毛薬を買うときは、なるべく天然由来成分で作られたものを選んでください。
その理由は、商品によっては保存料や着色料など、添加物を多く含んだものもありますが、こうした添加物入りの育毛薬は頭皮への刺激が強く、効果を与えるどころかダメージを与えてしまう可能性が高いためです。

さらに、育毛薬を入手する場合、とくに初めて薄毛に関する事で初めて診察を受ける方は、できるだけ医療機関を受診したうえで、処方箋薬を受け取るのが良いでしょう。
医療機関で渡されるものなら成分内容に安心できますし、使用に対してドクターから的確なアドバイスを受けることもできます。

病院・クリニックに行くのが面倒くさい・恥ずかしいなどの理由で、やみくもに育毛剤に手を出すのは賢明でありません。

育毛剤に含まれる成分によって、治療効果は異なりますから、自分の頭皮環境に対して何が有効な育毛剤なのかを知ってから、自分で育毛剤を購入した方が失敗なく利用できます。

一方、処方箋薬ではなく、医薬品の通販サイトによる個人輸入で、外国から製品を買うときは、偽装品や紛い物に注意しなければなりません。

外国製品には少なからずこうしたものが混じっているのも事実で、SNS等を利用して個人間で取引したり、怪しいサイトから購入することは避けるのが得策です。

実際には、信頼できる代行業者(通販サイト)を利用して育毛剤を始めとした医薬品を多くの方が購入していますので、上記の注意点を理解していれば、繰り返し使用する育毛剤をお得に購入することが出来ます。

さて、薄毛防止のために毛生え薬を使う方もおられると思いますが、毛生え薬を選ぶときは次の2つの点に注意して選んでください。

一つは、男性ホルモンの異常分泌を抑制できる商品を選ぶことです。
なぜなら、薄毛防止のカギを握っている一つのポイントは、男性ホルモンの異常分泌を抑制することだからです。
毛生え薬を買うときは、ここを基準に選んでください。

もう一つは、毛母細胞を活性化できる商品を選ぶことです。
これも重要なポイントですが、髪の毛は毛母細胞を活性化することで成長を促すことができます。